夏の保湿しませんか?

夏の保湿も快適な保湿成分は?

コスメ

夏も保湿が必要かな?と思いつつも、汗や湿気で乾燥していないみたいだしいいかな?と思いがち。でも実際はそうではなくて、肌の中は乾いています。

保湿成分はどのようなものもつけると多少は肌に重さを出してしまいますが、付け方によっては多少軽くすることも出来ます。

秋に気づく夏の保湿不足原因の肌トラブル

夏の保湿不足は秋になって後悔として現れます。ただそれが保湿不足だったと気づく人が少ないため、どうしても来年、また来年と保湿不足を繰り返して肌を炒め続け、ダメージを蓄積していってしまいます。

これをきっかけに肌のことをもっと労ってもらいたいと思います。

夏の化粧崩れを防ぐスキンケア対策

夏に目立つ目の周りの茶グマ・茶くすみに注意!

夏は日焼け予防が最大のスキンケアポイントですが、目の周りは特に日焼け具合が目立ちやすくなります。

目の周りが日焼けしまくるというケースは珍しいのですが、皮膚が薄くて肌水分量が少ないため、他の部位より紫外線が基底層に届きやすく、メラニン色素が多く作られやすくなります。

それだけではなく、最近の美容界で注目されているAGEsという糖化物質がさらに目の周りを茶色くしてしまうことが分かってきました(目の周りの茶グマと糖化物質についてはこちらを参照)。

目の周りは寝不足でクマができますが、そのクマにしては茶色い、日焼けっぽい色になるのが糖化物質の特徴です。

じわじわ焼けて黒くなっていたものの、目の周りということでそれほど目立っていなかった茶色が、糖化物質と組み合わさることでかなり目立つ茶グマ、茶くすみになってしまいます。

糖化物質ができる原因も紫外線がメイン。さらに化粧や肌に触れるといった微妙な刺激も茶色くしてしまう大きな原因に。

夏は日焼け止めやUVカットミルクにウォータープルーフメイクを落とすためのクレンジング。そして汗の刺激とかなり目の周りに負担をかけています。そのため夏場にどっと茶色い目の周りになってしまうのです。